お問い合わせ

制作実績

お客様の声


パシフィックシステム株式会社

弊社では、パシフィックシステム様が開発された画像処理システムのPR動画を制作いたしました。

この度は動画の活用方法や制作フロー、今後のビジョンについてお話を伺って参りましたのでご紹介します。
お話しいただいたのは、営業担当の笠井様です。

ホームページと営業ツール

―現在動画は活用されていますか。
弊社のホームページに掲載しています。今後は商談などでお客様への訪問の際に、営業ツールとして活用していこうと思っています。 

動画を作ったことで本気度が伝わる

―動画に対しての反応はどうでしたか。
あるお客様にお見せしたときは、「こういう立派なPR動画を作っているのですね」という声をいただきました。プロの作る動画を掲載していると、会社として力を入れているということが伝わり、本気度を見せられると思いました。素人の私達がホームビデオで撮っている動画とは説得力が違います。 

―本気度ですか。対外的な印象が良くなるという感じですか。
そうです。今までプロの方に頼んだことがなく、私達で三脚を立ててホームビデオで撮った映像を、元々パソコンに入っているようなソフトで編集するくらいしかしたことがありませんでした。画像処理開発を行う私の部署としては初の試みです。全社員が見られる掲示板にも公開し、社内でも共有しました。 

―社内評価はどんな感じでしたか。
営業マンからは営業ツールとして新規案件掘り起こしや、新規顧客獲得に活用していきたいとの声や、開発者側からは自分たちが製作した製品が分かりやすく説明されていて色々な人に見てもらいたいという声があり、とても評判が良いです。 

制作をスムーズに進めてくれた

―今回の動画制作についてお聞かせください。最初のヒアリングからの流れのなかで、「お任せして大丈夫だな」と思えたポイントはありましたか。
最初に2~3時間のヒアリングの中で話した内容を、台本に起こしていただきました。背景や強みを落とし込んでいただいたので出来上がりのイメージがわかりやすかったです。お客様への撮影協力の依頼の際には台本をベースに趣旨を説明し、ナレーションの文言も一緒になって考えていただきました。そして納品した実機での撮影、また撮影場所の提供も快諾していただだけました。具体的な台本だったのでとてもスムーズに話を進められたと思います。 

―今後の展開について、差し支えない範囲でお聞かせいただけますか。
ビジョンシステムを拡販し主力製品にしていくため、このPR動画を大いに活用していこうと思います。

お客様からの反応もあり、社内での評判も良いという、とてもうれしいお声をいただきました。
動画があることで、お客様の製品に対する印象が良くなるという効果もあるんですね。
これからどんどんご活用いただければと思います!

お忙しい中お話しいただきましてありがとうございました。