資料請求

ブログ

ライブ配信と編集済み動画のちがい

2020.04.22


こんにちは。
新型コロナウイルスの影響で会社説明会、セミナーなどが予定通り行えず、動画配信を視野に入れている会社さまが増えています。
しかし、いざ「動画を活用しよう!」と思ったときに生まれるのが「ライブ配信と事前に撮影・編集済みの動画はどう違うの?」「どちらが良いのだろう」という疑問だと思います。
そこで本日は、ライブ配信・編集済み動画の違いや、それぞれに向いているコンテンツをお伝えします。

まずはそれぞれの特徴を書き出してみました。

■ライブ配信のメリット
リアルタイムの臨場感がある
移動時間がかからないため多くの人が参加できる
・会場費などのコスト削減
・視聴者とコミュニケーションが取れる
・コメントでもらった質問をすぐに返すことができる

■ライブ配信のデメリット
・通信環境が不安定な場合、途中で途切れてしまうトラブルの可能性
・基本的にその場で一度きりの視聴(アーカイブを残すことは可能)

■編集済み動画のメリット
・時間に縛られない
何度も見返すことができる
・通信環境のトラブルを避けられる
・動画を止めて、表示された資料をよく見ることができる
・現場のドタバタ感がないので完成度が高いものになる

■編集済み動画のデメリット
・リアルタイムの臨場感には欠ける
・質問された事柄を動画内で返答できない

どちらにもメリット・デメリットはありますが、動画の内容が同じ場合、視聴者目線ではライブ配信よりも編集済み動画の方が好まれているというデータがあります。
それはやはり時間による制約がないのが大きなポイント。
いつでもどこでも視聴できるというのは忙しい人にとって有難いですし、視聴率が上がりやすいので視聴者・作り手どちらにもメリットになりますよね。

それぞれ特徴が出てきたところで、取り組もうとしている内容によって向いているもの、向いていないものを見極めることも大切です。
■ライブ配信に向いているもの
一体感臨場感を味わえるもの
(株主総会、表彰式、花火大会、音楽ライブ、スポーツ中継)
双方向のやり取りができるもの
(講演会、実技を含むセミナー、塾の授業、会社説明会)
最新情報を得られるもの
(ニュース、災害情報)

■編集済み動画に向いているもの
じっくり見られるもの
(会社説明会、座学のセミナー)
・繰り返し見られるもの
(ヨガなどのレッスン)

情報がたくさん溢れている時代では、より視聴者の印象に残すことが重要。
その方法として動画は効果的です。
ライブ配信・編集済み動画を上手く使い分けて、動画を作ってみませんか?

弊社ではライブ配信・編集済み動画どちらも制作可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

(ブログ担当:乙川)
映像制作・動画制作なら映像制作会社チェリービー(埼玉県・東京都)