【お客様の声】有限会社ベルファミリー様

本日のお客様の声は、有限会社ベルファミリー様よりいただきました!

ベルファミリー様は、埼玉県内に9店舗、イタリアのミラノに1店舗、台湾の台中市に1店舗の美容院を展開されている企業様です。

 

今回は20周年の記念動画をご依頼いただき、スタッフ様のインタビューを中心に動画を制作いたしました!

インタビューのなかで一番よく聞かれたのが、「スタッフ同士の仲がいい」「第二の家族みたい」という言葉。
どのお店もとても雰囲気が良さそうです。

また、外部から講師を招いて講習会を開いたり、着付けのコンテストに挑戦したり、技術を高めるための教育システムもしっかり整っているとのこと。

雰囲気の良さと技術の確かさを兼ね備えている美容室なんて、近所にあったらぜひともお世話になりたいものです。

 

動画は、ベルファミリー様がこれまでお世話になった方々をお招きした、20周年記念パーティにてご披露されました。

 

 

 

 

 

 

動画を制作してのご感想を、代表取締役社長の上田様にお伺いいたしました。


 

―今回は御社の20周年ということで動画を作りました。

20周年の節目ということでしたし、外部の関係者の方々にも集まっていただくので、記念のVTRは初めから作ろうと思っていました。たぶん30周年も作ると思います。周年事業ということで、それまでの歴史を振り返るという意味もあるけど、どちらかというと、その先の10年、20年に向けてという感じです。チェリービーさんには10周年のときにも動画を作ってもらっていたので。

 

―お電話いただいて。

イベントの1か月くらい前でした。

 

―20周年記念のイベントは成功でしたか。

イベントとして、大成功でした。

 

―動画はどのタイミングで流されましたか。

前半です。ギリギリまでプログラムの順番は目まぐるしく変わったんですが、ズバリの場所で上映できてよかったです。

 

―会場にはどれくらいの方が来られたんですか。

190人くらいです。

 

―イベントとしては大きいですね。じゃあ、スクリーンも大きなやつを。

大きくて、きれいでした。

 

―見てる人の反応とかはいかがでしたか。

うちのスタッフ以外は、オーナーさんとか関係者で、目の肥えた人たちなので。ビデオの質は、やっぱりプロに作ってもらっているから、ちょっとこれはやりすぎじゃないのっていうくらいの出来で、みなさん見入ってましたよ。

 

―スタッフさんたちの反応はいかがでしたか。

イベントの運営はスタッフたちでやったんですけど、終わったあと、スタッフみんなの顔に、やりきった感じが出ていましたね。オールベルファミリーで、お客様や今までかかわった人たちへの感謝とハッピーと笑顔を伝えられたので、大成功だったと思っています。動画については、新しく入ったスタッフたちに、会社の歴史を見せられてよかったです。

 

―20年ですからね。

「うちの会社はこういう成り立ちで、こんな起源があったんだ」っていう声が、スタッフのブログとかに載っていたんだけれども、そういうのを知ることができたから、なおよかったというふうに思いますね。

 

―映像って、テキストと違って、頭で知るっていうより体感に近いですからね。

そうそう、感じる部分はありますよね。前のオーナーの若いころとか、「狭山店こんな感じだったんだ」って。あれはよかったです。

 

―いろんな苦労があって積みあがってきたっていうところが、最近入った人だとなかなかわかりづらいところはありますもんね。そういうなかで、社長のインタビューや社員インタビューが入ったのはよかったですね

よかったです。スタッフからも映像がほしいっていう声があがったので、YouTubeにアップして、みんなが見られるようにしました。ほとんどの人が、本番の一発だけしか見てないので。

 

―制作の過程についてお伺いします。試写版を見るまでに不安はありましたか。

映像を作るっていうのは、かたちのないものをかたちにしてもらう仕事ですよね。お店やチラシなんかのデザインとかもそうだけど、抽象的なイメージをかたちにしてもらう会社を見るときに、3通りにわかれると思っているんです。何かって言うと、まず自分たちのイメージがあって、これが基準になる。これよりも低くて、「これだったら自分で作ったほうがよかった」っていう場合と、期待通りの場合と、期待をはるかに超えて、「頼んでよかった」っていう場合。結局プロの仕事って、期待をどれだけ上回るか。特にデザインとか、ものをかたちにする仕事って、それが、サプライズ感があって、とりもなおさず、「ここに頼んだら大丈夫」っていう安心感につながる。今回の動画も、試写版が出来上がってくるまではどきどきでしたね。映像を撮ってる時間はけっこう長かったと思うんです。1人あたりのインタビュー時間が20~30分あって、それが11人分。それだけのものを、よくぞ11分の映像に、ストーリー立てでまとめたなと思って、それは感動しました。

 

―ありがとうございます。

1人ずつ見ていけば、それぞれのいい場面があるわけじゃないですか。でもそれを全部拾っていったらストーリーにならないですよね。だから、どちらかというと、拾う技術よりも捨てる技術のほうが難しいんだろうなと。だから、構成を作るのがすごく上手だなと思いました。「ああ、この場面が使われるんだ」って思ったしね。僕自身もインタビューされて、あんなもの、どこをどうやってつなぎあわせるんだろうなって思ってたんだけど、でも、試写を見て、すごくいいと思った。僕らには、いいものを作ってもらいたいっていう期待しかないわけだから、その期待を超えていただけて、ありがたかったです。


 

周年ムービーは、これまでの歴史を振り返ること以上に、これから先の未来に向けてスタッフや社員の心をひとつにするという意味があるのだと、改めて感じました。

「今まで」と「これから」に想いを馳せる大切な瞬間に携わることができ、嬉しい限りです。

 

お話しくださいまして、どうもありがとうございました!

 

 

(ブログ担当:小村)

 

「こだわり」と「想い」を伝える映像会社

┏┳■ cherrybee ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 株式会社チェリービー
┃ 〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山3-14-13-301
┃ Tel: 048-764-9714  Fax:  048-764-9718

┃ WEB :http://www.cherrybee.tv/ (コーポレイトサイト)
┃    http://www.seizougyou-pr.com/ (製造業動画ラボ)
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です